インターネットデータセンター テレコム・インフラ  

テレコム・インフラ

1990年代のテレコム業界における規制撤廃・解除に従って、フィリピンのテレコムインフラは非常に改善された。

現在、フィリピンには、高質のブロードバンドと高速データサービスを提供するモダンな、世界基準のテレコムインフラが存在する。

フィリピンにおけるインターネット費用は、海外からのテレコム会社の参入で、大幅に低下した。オペレーターは、 Pacific Century Cyber Works (PCCW), AsiaNetCom (ANC), Teleglobe, または Philippine Long Distance Telephone Co. (PLDT)など多数のプロバイザーから、どこからサービスを受けるかを決定することができる。

それら一流のプロバイザーとともに、オペレーターは、アジア太平洋でも高質なIPバックボーンへのアクセスが、可能である。高質なテレコムインフラのため、フィリピンは、世界のコールセンターキャピタルや、SMSキャピタルとして、呼ばれている。

フィリピンのテレコムインフ ラは、独立したテレコム評価機関から、他のインターネットゲーミング管轄・区域と比較して、非常に高い評価を得ている。当社は、顧客のゲーミングソフトウ エアアプリをサポートする顧客の既存のサーバーを保管することができる。また、新規のサーバーを提供することもできる。


 

インターネットデータセンター

高質のインターネットデータセンター(IDC)は、顧客のゲーミングオペレーションを受け入れる準備ができている。当社のIDC施設は、顧客のサーバーを124時間、週7日、正常に作動させる。

当社の施設は、別途のクーリングゾーンとHVAC温度コントロールシステム、ならびに地震ブレース棚を、備えている。

当社は、幅広い物理的セキュリティ機能(煙探知システムと消化システムを含む)、を提供する。監視カメラ、セキュリティ警報機、運動センサーは、セキュリティ環境を維持するために、各IDC内にインストールされている。

施設内では、あらゆるシステムとサブシステムを通して、最高水準で信頼性の高いセキュリティを提供することができる。電気についても、複数のバックアップ発電設備が備わっている。

当社は、顧客の既存のサーバーを受け入れることができる、また顧客のゲーミングソフトウエアアプリをサポートするための新規サーバーを、提供することができる。フィリピンのテレコムインフラは、独立したテレコム評価機関から、他のインターネットゲーミング管轄・区域と比較して、非常に高い評価を得ている。当社は、顧客の既存のサーバーを保管することができる。また、顧客のゲーミングソフトウエアアプリをサポートする新規のサーバーを提供することもできる。

(ページトップへ)